ブログ

Blog

香りの歴史

世界において香りの歴史は古く、神に関わる儀式や、死者の弔い、病人の薬、恋の媚薬など色々と使われてきました。

 

B.C.3000年頃からエジプトでは、薫香は主に神への捧げ物として使われてきました。
エジプトの人々は、朝は日の出と共にフランキンセンス(乳香)が焚かれ、正午にはミルラ(没薬)が焚かれました。また日が沈む時にはキフィと呼ばれる16種類の香りをブレンドしたもので、人を寝付かせ、不安を鎮め、楽しい夢を見させたといいます。
薫香は悪魔払いや、病気の治療などにも使われてきました。
(薫香とは、精油成分を含む樹脂や香木、ハーブ、スパイスなどを焚き、その芳香を燻らせることです。日本においての「香道」やインディアンの「スマッジング」などが広く知られています。)
エジプトでは、香を楽しむだけでなく、強い日差しによる乾燥から皮膚を守るためにも香油が使われてきました。(入浴後に香油を付けていました)
B.C.3000〜B.C.2000年頃の軟膏や香水入れの中には、ミルラ、フランキンセンス、シダーウッド、オレガノ、アーモンド、カンショウ、ジュニパー、コリアンダーなどエジプトで採れる植物の香りの軟膏や香水が入っていたと言われます。

エジプトの壁画で、女性が頭の上に紡錘形の帽子のような物を載せているのを見たことがありませんか?あれはエジプト版の香水で軟膏を固めたものです、体温で少しずつ溶けて、頭を伝い、身体にも香りが染み込んでいき辺りに良い香りを漂わせました。
エジプトで忘れてならないのがミイラですよね。ミイラの語源は現在でもアロマテラピーでも使われている「ミルラ」だと言われています。

 

キリストの誕生にも、アロマテラピーで使われる精油の名前が出てきます。
東方の三使者が「聖母マリアのそばにいる幼子にひれ伏し、黄金(偉大な商人のシンボル)と、フランキンセンス(偉大な預言者のシンボル)、ミルラ(偉大な医者のシンボル)などの貢物を捧げた」、そしてキリストはフランキンセンスを選んだと言われています。

 

医学の父ヒポクラテスは、「健康は、芳香風呂に入り、香油マッサージを毎日行うことである。」と言っています。また、芳香原料を伝染病の予防薬として焚くことを試みていました。

 

古代ローマはバラが生活にとても密着していた文明です。バラは色々な儀式や晩餐会、宮廷の泉、公衆浴場までもがバラがいっぱいで衣類までもバラ水で洗われました、バラの枕、バラのプリン、バラ入りワインとさまざまな物にバラは使われました。

 

中世から近世では、錬金術の過程で、バラから精油とバラ水が採れることを発見しました。
イギリスでペストが大流行した時、香水を作る工場で働く人々はペストにかかりづらかったと言われています。ドイツのカルペッパーは、「香水は確かに複合した薬物である。これは熱しないで、心に影響を及ぼし、あらゆる悪臭を取り除き、私たちを取り巻く空気中の感染源を除去する」と言っています。
第二次世界大戦では、薬が足りず、戦士の救急キットの中には、傷の手当て用にティーツリーの精油が入っていたとも言われています。
有史以来様々な場面で、香りが使われてきましたが「アロマテラピー」という名前が生まれたのは、1920年代になってからのことです。フランスの科学者ルネ=モーリス・ガッットフォセが研究中に火傷を負い、とっさに近くにあったラベンダーの精油にその手を漬けました。すると火傷は悪化するどころか、跡も残らずびっくりする速さで治っていきました。そこで、彼は精油について研究を始め、「アロマテラピー(芳香療法)」という言葉を作りました。薬用植物を治療に使うことに興味を持った、フランスの医学博士ジャン・バルネは大戦中に精油を傷の治療に広く使いました。そして、アロマテラピーが大きな可能性があることを知りそれ以降も様々な精油を使った治療法で論文を発表しています。

 

現代ではさらに研究が進み、精油は数種類をブレンドして使うことにより、その働きを互いに引き出し会うことがわかりました。目的に合わせて選んだ精油をブレンドする時には、安全性を考慮してロバート・ティスランド氏考案のブレンドファクター(B.F)というのを基準にしています。

2019年5月15日

CLOSE